2010年03月08日

<津波>避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方(毎日新聞)

 南米チリの大地震で津波警報が発令された東海地方の沿岸部の自治体では、公民館などに避難していた計約3400人が28日夜までに全員帰宅した。目立った被害はなかったが、避難指示・勧告が解除される前に住民が次々と帰宅を始めた自治体もあり、危機管理に課題も残した。

 三重県などによると、同県内では12市町で最大約3400人が避難したが、28日午後9時までに全員帰宅した。南部の10市町は津波警報解除後も災害対策本部を残して警戒を続けていたが、いずれも1日午前9時までに解散。県災害対策本部も解散した。新たな被害の報告はないという。

 最大波高60センチを観測した尾鷲市では、市全域に避難指示・勧告が出され、一時は238人が避難。しかし、避難指示・勧告が解除される前に次々と帰宅し、午後7時には2人となった。同市の担当者は「市職員らが止めたがだめだった。避難所へ集まるのも台風の時などに比べると遅かった。今回の津波は被害が目に見えにくく、自分たちで『大丈夫』と判断してしまったようだ」と話した。

 三重県鳥羽市と愛知県の渥美半島を結ぶ伊勢湾フェリーと、鳥羽市の離島間を運航する市定期船は津波の影響で28日午後、全便休航となっていたが、1日は午前から通常通り運航している。

 一方、愛知県などによると、6市1町で計約5万2800人に避難勧告が出された同県では4市で計30人が集会場などに避難したが、28日午後9時ごろまでに全員帰宅した。中には津波が同県で観測される前に帰った人もいたという。県水産課によると、県内では水産関連の被害はなかった。【岡大介、鈴木泰広】

【関連ニュース】
津波:養殖棚が流出「被害は億単位」、肩落とす漁協も
大津波:警報、注意報すべて解除 養殖棚などに被害
大津波・津波警報:鉄道24路線、東名高速などに影響
大津波・津波警報:北海道・根室市で30センチを観測
大津波・津波警報:JR北海道管内で特急など84本運休

<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
JR京浜東北・高崎・宇都宮線で運行見合わせ(読売新聞)
<改正放送法>抜本的見直し メディアの資本規制強化(毎日新聞)
病腎移植、きょう臨床研究2例目実施 親族間移植は初(産経新聞)
紀伊半島沖に地震・津波計=「東南海」対策に期待−無人機で海底に設置へ・海洋機構(時事通信)
posted by ミムラ シロウ at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

八戸水産高の実習船「青森丸」の無事を確認(産経新聞)

 ハワイ沖で実習している青森県立八戸水産高校(同県八戸市)の実習船「青森丸」(冨田秀一船長、660トン)は日本時間28日午前10時半、ハワイ・ホノルル港に無事入港した。同校関係者が電話で乗組員全員の安全を確認し、父母らに報告した。

 同校によると、青森丸は1月8日に八戸港を出港し、海洋生産科34人、専攻科3人のほか、指導教官、乗組員計61人が乗船。ハワイ沖で起きた津波の影響でホノルル港への入港を遅らせ、沖合で待機していたという。3月18日に八戸港に戻る予定。

【関連記事】
「第2波も気をつけて」首相、津波の恐ろしさ訴え
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け
自衛隊に情報収集指示 大津波警報でP3C哨戒機などが警戒

<船形山遭難>「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
posted by ミムラ シロウ at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」(産経新聞)

 自民党の加藤紘一元幹事長が2日午前の衆院予算委員会で、民主党の石井一選対委員長が先の長崎県知事選で、同党推薦候補の総決起集会で「時代に逆行するような選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示す」と発言していた問題を取り上げた。加藤氏は2月25日付の長崎新聞の論説に「まぎれもない恫喝(どうかつ)発言である。われわれは、断じてこれを許さない」と書かれていることも紹介し、鳩山由紀夫首相に見解を求めた。

 首相は「利益誘導型政治から決別し、地域のことは地域のみなさんに任せる世の中にする発想で地域主権を訴えてきた。それが十分に新政権の中で理解されていない部分があれば反省する必要がある」と遺憾の意を表明した。

 長崎県知事選は2月21日投開票。民主党など与党三党が推薦する候補は自民、公明両党が支援する候補に敗れている。

【関連記事】
前原国交相、気象庁に「謝罪には当たらない」 津波の過大予測問題で
自民、小林千代美議員の参考人招致を要求 北教組事件、衆院予算委で
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で
首相、政治とカネ「これまでどおり説明責任果たす」
小沢氏訪米、議会招待で調整 大統領会談は…
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<手掌多汗症>手術後、異常発汗で提訴、「説明不足」と患者(毎日新聞)
名古屋死亡ひき逃げの4人、別の車窃盗で再逮捕(読売新聞)
長尾一勝
粕屋出入口
チリの地震、太平洋で津波の可能性…気象庁(読売新聞)
posted by ミムラ シロウ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。